2010/01/31

トヨタFT-86のゆくえは・・・

今までこのクルマのネタにはあまり触れなかったのですが、今回はFT-86 Conceptについて自分の考えを書きたいと思います。

皆さんもご存知かと思うのですが、トヨタと富士重工(スバル)は2005年10月に業務提携を行い、2007年8月に新型FRスポーツカーを2011年末に発売すべく共同開発を行っている事が明らかになりました。

おそらく、クルマ好きなら誰しもが期待し、登場を待ちわびているFT-86・・・しかし、今のトヨタが本当にこんなクルマを発売するのでしょうか?

万人受けするクルマしか開発せずに、世界のトップメーカー(現在は違うが)であるにも関わらず趣味性の高いスポーツカー(スポーティカー)が1台もラインナップに存在しない状態を5年間も放置しているトヨタが??

しかも、この状況にさらに拍車をかけそうな今回の巨大リコール問題・・・

今回のリコールでは、問題の部品を製造したとされる下請け部品メーカー(米CTS社)にリコール費用を請求しようとしているようですが、自社ブランドで販売した商品である以上、トヨタだけ責任を逃れる事など出来ないと思います。

おそらく、このリコール問題でトヨタは莫大な損害を被る事になるでしょう。

ちなみに、トヨタも大変な状況ですが、FT-86のエンジンを開発・提供する予定の富士重工も同様に大変な状況のようです・・・富士重工が国を民事訴訟

トヨタFT-86・・・2011年末までに全ての問題が解決し、延期する事なく当初の予定通り発売される事を祈るばかりです。


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

0 件のコメント: