2011/02/13

BRIDE VIOS3 SPORT (ブリッド ビオス3 スポーツ)


スポーツ走行をするんだったら、「まずはドラポジでしょー!」と言うことで、NBロードスターフルバケットシートを装着しました。

このクルマには買った時から既にフルバケットシート(エスケレート)が装着されていたのですが、使い古された感じでボロボロだったので、ヤフオクでとっとと処分して、差額で新品のシートを購入しました。

購入したシートはブリッドの限定モデルでVIOS3 SPORT (ビオス3 スポーツ)って名前のヤツです(・∀・)

限定モデルと言うだけあって、シート生地も他のモデルとは少し違っていて、擦れによって毛玉になりやすいベロア生地に代わり、擦れに強い難燃性のファブリック生地が使用されています。
※写真のシートバックプロテクター及びサイドプロテクターは別売りです。

また、このシートは、LOW MAX (ローマックス)システムを採用しており、専用のシートレールと併用する事で限界までローポジション化ができるようになっています。

取り付けてみた印象としては、懸念されていたサイドバー(ロールバー)との干渉もなく、運転席の狭いロードスターでもきれいに収まっています。

前後のリクライニングに関しては、純正シートベルトバックルに共締めしている4点式ハーネス用のアイボルトがセンタートンネルに干渉してしまい、ほんのチョットしか前後に動きません(;・∀・)


取り付け後に早速インプレッションしてみたのですが、もともと車高の低いNBロードスターがローポジ化によってさらにアイポイント(着座位置)が下がり、まるで地面にそのままシートを置いて座っているかのような感覚で、道に落ちてる小銭をクルマに乗ったまま拾えちゃいそうです(;・∀・)
※乗用車と言うよりレーシングカートの感覚に近いです。

肝心なホールド性に関しても、VIOS3はショルダーやサイド部分の張り出しが小さいコンパクトモデルながら、コーナリング中もしっかりと体をホールドしてくれ、自分としては十分合格点です。

乗降性に関しても、滑りの良いファブリック生地と低いサイド部分のおかげで、サイドバー(ロールバー)があるにもかかわらず、取りあえずフツーに乗り降りできます。
※サイド部分の高いシートだと、オレの場合たぶんクルマから降りれないと思う・・(;´∀`)

チョット高い買い物(通販で6万円)でしたが、毎日の通勤とスポーツ走行を両立させるためには必要不可欠な装備だと思いました。


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

0 件のコメント: