2011/04/23

流木にウィローモスを活着させてみる


子供と一緒に行った水族館に↑の水槽がありました。

この水槽の主役は グラスキャットと言う魚だったのですが、水草(ウィローモス)の緑のじゅうたんがあまりに見事だったので、そっちにばかり目がいってしまいました(´∀`*)ポッ

当然のように「オレの水槽もこんなカンジにしたい!」と思い、水族館の帰りに大きめのマングローブ流木2本と、ウィローモスを3カップ買って帰りました(・∀・)

とは言え、初心者なのでこれらの素材をどうすれば良いのか分かりません・・・

取りあえずネットで色々調べた結果、ウィローモスは流木や石に「活着」させるのが一般的らしく、今回オレも流木を使用した方法をとる事にしました。
※当初は水槽の底砂に敷き詰める予定でしたw

2011/04/17

NB純正トルセンデフ→機械式LSD


水槽&水槽台の置き場所を確保するため、ロードスターを買った時に付属品で付いてきたパーツ類を片付けてたら、こんなのが出てきました(;・∀・)

マルハモータースの機械式LSDの箱に入った、NB純正と思われるデフです。

えっとー・・・純正デフがここにあるって事は、今組み込まれてんのは機械式LSDってことだよね!?

どうりでコーナーの立ち上がりが鋭いと思ったわ・・・でも、S14シルビアに組んでたクスコType-RSと比べると、ちゃんと効いている割には内輪を引きずるような感覚もなくとても乗りやすいです。

あと、デフを交換するときに一緒にファイナルギアもローギアードなモノに交換してるのかな?

高速道路を6速ギア、100km/hで巡航したときの回転数が3,200回転くらいになっちゃうんだけど・・・オートポリスのメインストレートとかだったら何回転までイっちゃうんでしょ!?(;^ω^)

でも、キビキビ走るロードスターに機械式LSDの組合せはアリですね!どこ走ってても楽しいもん(・∀・)

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

2011/04/16

自作水槽台


水槽を買ったものの思ったより大きかったため、置き場所に困ってしまいました(;・∀・)

居間に置くには大きすぎるし、玄関に置いても通行の邪魔になるし、なにより地震で倒れて割れたりしたらガラスの破片で玄関がつかえなくなっちゃうし・・・

で、結局一時保管場所として使っていた茶室に、そのまま設置しちゃうことにしました。

畳の上に直置きと言うわけにもいかないので、和室に合うデザインで窓を塞がないよう全高の低い水槽台を探してみたのですが、90cm水槽用は値段が高く、納期も1ヶ月掛かるとか言われてしまいました(;´Д`)

はやく熱帯魚を飼いたかったので、今回はホームセンターで売っているモノで代用することにしました。

2011/04/03

アクアリウム始めました!


4月新しい季節のはじまり新しい趣味への挑戦!

ってことで、アクアリウム始めました\(^o^)/

きっかけは、子供と一緒に行ったペットショップに展示していた熱帯魚(古代魚?)みたいなのが、とってもカッコ良かったからです(´∀`*)ポッ

「思い立ったが吉日」ってことで、早速水槽を買ってみました。

古代魚はかなり大きくなるらしいので、当初は120cm幅の水槽を買う予定だったのですが、置き場所や維持費の事を考えると購入には踏み切れませんでした(;・∀・)

そこで、古代魚を飼えるギリギリのサイズである90cm幅の水槽を購入しました。

購入した水槽は、コトブキ工芸製の「レグラスR-900L」と言うモデルで、10mm厚のオールガラス水槽です。

サイズはW900mm×D450mm×H450mmで水の容量は157リットルです。

配達された現物を見て思ったのですが、90cm幅でもかなりデカイ!しかもガラス製だから重すぎる・・・

さてと・・・嫁に何て言い訳しようかな・・・(;´∀`)

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。