2011/12/31

次期愛車はBMW120i【F20】に決定!


次期愛車候補をBMW135iクーペに絞ってからの1ヶ月間は、ヨメに「本気度」をアピールするために時間があれば常にカタログとにらめっこをしていました。

何をするにも持ち歩いていたのでカタログはボロボロになり、その頃には当初「2ドア」と言う事に難色を示していたヨメの態度も軟化し、リアシートに大人が2人座れれば良いと言ってくれるようになっていました。

よしっ、機は熟した!いよいよディーラーで購入に向けた商談をはじめるぞー(゚Д゚)ノ

さっそく鼻息の荒いままディーラーへ行くと、以前はなかった120iクーペ(後期型)の展示車が増えていました。

おぉ〜!エンジンやミッションは違えど基本的には内外装ともに135iクーペと共通とのことなので、購入前に実車を見れるのはありがたい。

でも・・・LED内蔵のアイラインがプラスティッキーでなんか浮いて見える・・・それに内装も素材や塗装や安っぽくて、とても600万円以上する車には見えないよなぁ〜(;´Д`)

まぁイイや、モデル末期だし、超円高だし、いっぱい値引きしてもらおっと(^^♪



がっ!商談に入ってビックリ、前回同様値引きは頑張っても40万円程度が限界とのこと・・・しかも諸費用もスゴイことになってます(;´Д`)

自動車取得税25万円+登録・納車費用で、諸費用合計がナント52万円!!

クッ・・・北米(アメリカ)価格では$39,150(1ドル78円換算で約305万円)の車が、なんで日本だとコミコミ650万円もするんだよ〜(´;ω;`)

【オレ】・・・すいません、やはり今回は予算が足りないようなので、購入は見送ることにします(-_-;)

【営業マン】そうですか・・・お力になれなくて申し訳ありません。もしよろしければ、発売されたばかりの新型1シリーズと5シリーズ(2,000ccターボ)に試乗してみませんか?

【オレ】そうですね、これも何かの縁だと思うので、5シリーズは大きすぎるので遠慮しておきますが新型1シリーズには試乗してみます。


その営業マンが用意した試乗車は116iスポーツでした。

オレがこの車を見た第一印象は、「ひっでぇデザインだなぁ〜」でした(;^ω^)

営業マンも、最初見たときはあまりの酷いデザインに絶句したらしいのですが、最近は見慣れてきたのかカッコよく見えてきたとの事でした。

しかし、実際に走らせてみてビックリ!排気量1,600ccとは思えないほどトルクフルなエンジンに、スムーズに変速する8速オートマティック・トランスミッション、それにFRらしさをしっかりと味わえるサスペンションセッティング等々・・・全てにおいてハイレベルです。

やべぇ、こりゃ走るのが楽しすぎる(^^♪

営業マンには申し訳ないのですが、日常での使い勝手についても確認してみたかったので、わざと遠回りしていろんな道を走ってみました。

サイズ的にも日本の道を走るにはちょうどいいし、あんなに気に入らなかったエクステリアも走った後に見るとなんだかカッコよく見えます。

【オレ】・・・コレの最上級グレードください。

【営業マン】えっ?デザインはよろしかったのですか??

【オレ】はい、走りが良かったので、ネガティブな部分が全然気にならなくなりました。

【営業マン】そうですか、それは良かったです。しかし、このモデルはまだ発売されたばかりなので「お値引き」はあまり期待できませんがよろしいでしょうか。

【オレ】結構です。ではさっそく明日にでも印鑑証明書と印鑑を持ってきますので、準備しておいてください。

と言うことで、カタログ(在庫切れ)や正式見積りをもらう前に新型1シリーズの120iスポーツの購入を決めてしまったのでした(^0^)/


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

0 件のコメント: