2012/03/20

新型1シリーズ用のエアロパーツが登場!

BMWチューナーの老舗AC Schnitzer「ACシュニッツァー」より、新型1シリーズ【F20】用の各種カスタムパーツが発売されました!

中でも注目は、新型1シリーズをよりアグレッシブにアレンジしてくれるエアロパーツ類です(・∀・)

自分は派手な社外エアロパーツはあまり好きではないのですが、新型1シリーズの外観(特にリアビュー)があまりにもお上品すぎるので、この子に関しては少し手を加えても良いかなと考えています。

てなワケで、今回発売されたパーツの中で特に気になるパーツがこの2点です。
気になるパーツ①
ルーフスポイラー(リアスポイラー)

 気になるパーツ②
フロントスポイラー(フロントリップ)

↓↓この2点のパーツを装着すると、お上品だった新型1シリーズがこんなにアグレッシブなお姿になっちゃいます(*´д`*)↓↓
どーです?なんかWRC(世界ラリー選手権)でも走ってそうなカンジじゃないっスか!?

エンジンもWRCのS2000規定の車両と同じ1600ccの直噴ターボエンジンだし、いかにも「走る車」って印象ですよね(・∀・) えっ!少し言いすぎっスか??・・・

さらにACシュニッツァーでは、新型1シリーズ用のパフォーマンスアップパーツとしてECUチューン(パフォーマンスアップグレード)も用意しているようで、このパーツを装着するとノーマル120iの125kW(170PS)/250N・m(25.5kg・m)から143kW(195PS)/295N・m(30.09kg・m)へとパワーアップしてくれるそうです!

ほぼポン付けで25馬力もパワーアップするなんて・・・これを装着すれば125i(218PS)との差は小さくなるぜ!( ^∀^)

このパフォーマンスアップグレードは今年(2012年)の夏頃発売予定らしいから、秋くらいまでお金を貯めてフロント・リアスポと一緒に装着しますかね。


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

2012/03/04

新型1シリーズのバリエーション大幅拡大!


F20型の1シリーズを購入してからまだ1ヶ月しか経っていないのですが、早くも気になるクルマが続々と登場しています・・・

それは、トヨタ(笑)のクラシック・スポーツカーでもなければ、アルファロメオの新型ジュリエッタでもありません・・・オレが今一番気になるのは新型1シリーズのバリエーションモデルです!!


先ずは先日発表された、2.0リットル直列4気筒 ガソリンターボエンジン を搭載した新グレードの「125i」です。

うん、そりゃそのうち2,000ccモデルが発売されることなんて最初からわかってたさ・・・でも今年の春発売って早すぎじゃね??

エンジンの最大出力も120i(1.6リットル)の170psに対して125iは排気量がたった400ccアップしただけなのに218psもあり、120i比で実に50ps近くパワーアップしてます(;´Д`)

370Z(Z34)みたいにメーカーから完全に放置されるのも困るけど、一時期のランエボ、インプみたいに毎年のように進化されてしまうと「買い時」を見極めるのが難しくなっちゃうし、何より「人柱として初期モデル購入した人の顧客満足度をどう思ってんだよ〜!」ってなりません??(;^ω^)

まぁ遠吠えはコレくらいにして、もうひとつ新型1シリーズのバリエーションでスゲーのが発表されました。

それは、BMW社のMパフォーマンスオートモビル部門によって制作された「コンセプトM135i」です。



このコンセプトカーは、軽量・コンパクトな新型1シリーズのボディに専用チューンにより最大出力300ps以上を発生する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載したモンスターマシンです。

公開されている写真を見る限り、通常の1シリーズとの外観上の違いは3ドアハッチバックを採用している点と、本国でMスポーツパッケージとして採用されているアグレッシブなエアロパーツです。

しっかし、カッコイイ車だな〜(*´д`*)

同じ1シリーズなのにコッチ(M135i)の方がデザインが洗練されてて、ゼンゼン別の車みたいな印象です。

ウワサではクーペバージョンの「2シリーズ」ってのも来年(2013年)デビュー予定らしいですし、今後も新型1シリーズのバリエーション展開から目が離せませんね(・∀・)


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。