2014/02/14

スズキ カプチーノ 前期型


 購入~レストア作業 

最近はオートマ車にしか載っていなかったので、マニュアル車が恋しくなり馴染みの中古車屋さんに探してもらいました。

千葉県で見つけたこのカプチーノは、平成4年式のワンオーナー車で無事故車とのことでしたので購入することにしました。

しかし、いざ納車されてみると塗装はボロボロ、足回りや駆動系もボロボロだったので、数十万円かけてレストアしました。

レストアの内容は、塗装はほぼ全面塗装で、足回りは4輪ともハブベアリングを交換し、各マウントやブッシュ関係も新しいものと交換し、タイヤも最新の国産タイヤに交換しました。

 インプレッション 

そこまでして初めてまともに走るようになったのですが、以前乗っていたロードスターの半分程度の車重のため軽自動車規格ながら加速は強烈で、正直恐怖心を覚えるほどでした。


しかし、コーナリングに関しては剛性の低いオープンボディと狭い前後トレッドが災いしてか限界が低く、思ったほど速くなかったです。※正直NBロードスターやRX-8の方がコーナリングは楽しかったです。

気になる点もありましたが、現在のコストダウンしまくりの軽自動車では考えられない優れたパッケージング(4輪ダブルウィッシュボーン・サスペンション、縦置きFRレイアウトエンジン等々)を持った名車なので、大事に乗っていこうと思っていました。

 売却の経緯 

低年式ということもあり、いろんなところにガタがきており、これ以上の修理費の捻出が厳しくなってきました。

そのことに加え、買取査定を依頼したところ、実はフレーム修正歴のある「事故車」であることが判明してしまい、一気に気持ちが萎えてしまいました。

残念ながら本体+修理代で莫大な資金をつぎ込んだこのカプチーノは、タダ同然の鉄クズ価格で引き取られてしまいました。

今まで好意にしていた中古車屋さんとの関係も悪くなるし、久々の大赤字になるし、正直あまり良い思い出のない車でしたが、クルマの性能としては文句のつけようがなく、もし金銭的に余裕が出てきて程度の良いカプチーノが見つかればまた乗ってみたい1台です。



↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

0 件のコメント: