2008/09/21

護衛艦の一般公開に行ってきました(・∀・)

今日は海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「たかなみ」の一般公開に行ってきました。

日本の護衛艦は小型と聞いていたのですが、近くで見るとドデカイです!!

船体の色といい形といい、いかにも戦う船といったカンジでカッコイー!(´∀`*)

早速見学なのですが、今日はイージス艦を見たかったので、「たかなみ」は華麗にスルーしてイージス艦「あしがら」に乗り込みます。

乗り込んでまず装甲を叩いてみたのですが、複合装甲の為かポコポコと軽い音がして安アパートの薄い壁を叩いているようです・・・

近くにいた乗組員の人に聞いてみたのですが、日本の護衛艦は軽量化の為に装甲を薄く作っているとのことです(;´Д`)

これはイージス艦のシンボル的存在で、艦の重要な「目」にあたるSPYレーダーです。

探知距離はなんと450km以上とのことです(;゚Д゚)

そして窓の下についているバルカン機関砲は「CIWS」といわれる装備で、イージス艦の対空ミサイル網を突破してきた航空機やミサイルを撃墜する為の近接防衛システムです。

20mmの機関砲弾を、毎分4,000発以上発射できるそうです(;゚Д゚)

そしてコレもイージス艦のシンボル的存在のミサイル発射装置VLS(垂直発射装置)です。

対空・対艦・対潜・対地の各種ミサイルを64発格納できるそうです!しかも後部にも32発ミサイルを格納できるVLSが装備されています!

短距離対空ミサイル(シースパロー)も合わせると、ミサイルの合計は100発以上!!まさに全身ミサイルの針ネズミのような艦です(;・∀・)

そしてコッチはミサイルのせいですっかり影の薄くなってしまった62口径5インチ(127mm)砲です。

射程距離24kmの砲弾を毎分20発発射できるそうです。

ちなみに現在開発中の高性能弾薬を使用した場合、射程距離はイッキに伸びて100km以上になるとのことです!!(;゚Д゚)

さっそく操舵室にお邪魔しましたよっと(・∀・)

関係者のオッサンが写ってしまいましたが、個人情報保護のために薄消しモザイクをかけておりますw

ハイテク艦だけにいろんな電子機器がズラッと並んでいます!

操舵手の人は、立ったまま操舵輪を動かし続けるそうです。
Windows2000ベースのヘンなシステムが動いていたのですが、お馴染みのプリントエラーをはいていましたw

プリンタジョブも溜まりまくって?マークが・・・

乗組員の皆さん、Windowsはデリケートなんだからもっと優しくしてあげてっ!

おっ!コレはジパング(マンガ)で見たことがあるぞ!!

ダメージコントロール「ダメコン」の操作パネルだね(・∀・)

各装置が正常に動いているときはグリーンのランプが点灯していて、ダメージを受けると破損した部分がレッドに変わるらしい(;・∀・)

ボタンを押してみたい衝動を抑えつつ操舵室を後にしました・・・

最後は後部のヘリコプター格納庫です。

SH-60Kシーホークを2機まで格納できるそうです(;・∀・)

ちなみに、通常任務では1機のみ格納し、インド洋での作戦行動の際には2機格納するそうです。

あー楽しかった!(´∀`*)

にしても・・・車のブログというよりミリタリーブログと化してるよなぁ(;><)

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

0 件のコメント: