2007/03/31

インフィニティG37クーペ(次期型スカイラインクーペ)がニューヨークモーターショーに登場!


新型スカイラインセダンが思ったよりカッコ良かったので、クーペ好きのオレとしては次期型スカイラインクーペの登場が気になっていました・・・


そして・・・ついに出ました次期型スカイラインクーペ!!


と言ってもスカイラインではなく、まずはニューヨークモーターショーでインフィニティブランドのモノが発表されるようです。


にしてもスゲーカッコイイ!!


コイツの流れるような官能的デザインは、日産車と言うよりヨーロッパの高級スポーツカーのようです!(* ̄(エ) ̄*)


オレの中で日産はデザインに関してはイマイチだと思ってたのですが、今回のインフィニティG37クーペで久々に日産のデザイン力の高さを見せ付けられました!


エンジンも新開発の3.7リッターV6のVQ37VHR(330馬力以上!)と言う凄いエンジンが搭載されるようですが、オレはこのデザインだけで次期型スカイラインクーペが欲しくなっちゃいました!(^▽^;)


でも、間違えなく400万円以上はしそうだから貧乏なオレにはとても買えないな・・・(_TдT)

オレのグルメ図鑑 ~その6~ 焼肉 大ちょうちん




今日でやっと今年度(06下期)も終わりました・・・

と言う事で、今日はお肉が美味しいと評判大ちょうちんと言う焼肉屋さんで 打ち上げをしました(^^)

ココの人気メニューは塩マクミと言うお肉で、上質な霜降り肉を荒塩で味付けしています!

しかも、焼肉と言うよりステーキのような肉厚で、食べ応えも十分です(*´∇`*)


この塩マクミを、特製のゴマ油か絞りたてのレモン汁で頂きます・・・

脂がのってて凄くジューシーなのに、荒塩とレモン汁のおかげで思ったよりサッパリしています!

この絶妙な味のバランスがタマラン!!(@⌒¬⌒@)

山桜が満開です(^▽^)/



いつも通勤で通っている公園の山桜満開になっていました(^▽^)/

ソメイヨシノはまだ3部咲きですが、もう少しするとコチラも満開を向かえそうです!

この季節になって来ると何だか毎日がワクワクしてきます(*´∇`*)

今年は職場で大幅な人事異動(オレは変更無し)もあったし、なんだか別の会社で再スタートしたみたい?な新鮮な気分です。

ヤバ・・・( ̄Д ̄;;

3月・・・

オレ達にとっての3月は、1年でもっとも忙しく最もストレスが溜まる時期です・・・

連日深夜残業ムダな会議ばかりで、ゼンゼンWiiスポーツが出来てましぇん(_TдT)

体重も戻っちゃってるだろーし・・・こーなったら4月からリベンジ・ダイエットをするしかない!!

06下期も後1週間!ダイエットの事は一旦忘れて、死ぬ気で仕事するぜ!(`Д´)

FEDERAL(フェデラル) 595RS 255/40/17 【S14シルビア前期】

シルビアに履いていたリアのAD07ネオバがツルツルになってしまったので、タイヤを買い替える事にしました!

フロントもネオバなので今回もネオバを買おうと思ったのですが、255/40/17だと1本2万円近くします・・・

ど~しよ・・・Wii買ったばかりだし、ボーナス時期じゃないと4万円もする買い物できないよ・・・(_TдT)

ってコトで、今回は思い切って海外製(台湾)のタイヤにしちゃいました!(;´▽`A``

フェデラル595RSと言うタイヤで、このメーカーで1番ハイグリップなヤツです!!

しかも255サイズでありながら、お値段たったの14,000円/1本!!

まぁ、こんな安いタイヤなので性能にはゼンゼン期待してなかったのですが、取り合えずナラシがてら、ブースト1キロ(380馬力)で全開にして見ました(^^)

サスガに1速は直ドリ状態なのですが、2速ではシッカリ路面をグリップしてトラクションが掛かり、グイグイ加速します!

縦方向のトラクションはAD07ネオバと同等で、以前R33スカイラインで履いていたファルケン・アゼニス(RT215)やBSのRE711を超えるトラクションです!

以外や以外!このタイヤ結構イケてます!(*´∇`*)
軽く峠も走ってみたのですが、横方向のトラクションやショルダー剛性はAD07ネオバの方が上のようですが、オレのような初心者だと限界のわかりやすい595RSの方がリアが滑っても怖くないです(^▽^;)

フェデラル595RSは、値段のワリには結構良いタイヤだという事が分かったので、次回このタイヤでサーキットインプレッションをしてみようと思います(*゜▽゜)ノ

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

Wiiで本気のダイエット! ~1週間目~


Wiiスポーツ(主にボクシング)でダイエットを始めてから、今日で1週間が経過しました(^^)

最初の1週間の成果は・・・

体重が97キロ → 95.5キロで、1.5キロ減!!

体脂肪率が26% → 25.8%で、0.2%減!!

正直Wiiスポーツの激しい運動量からするとビミョーな成果です・・( ̄Д ̄;

数値の変化は僅かだったのですが、何だか上半身が少し引き締まったような気がします。

それと、ダイエットを始める前は1900キロカロリー後半だった基礎代謝が2000キロカロリー以上になっています!

やはり、数値に表れない部分で効果が出ているようです!?

スリムなボディーを目指して、これからも頑張ろっーと!!(^▽^;)

Wiiで本気のダイエット!

年度末と言う事もあって、最近ムチャクチャ忙しいです・・・(_TдT)

ここ数週間は毎日のように帰りが20時~21時で、夕食を食べて1時間以内に爆睡してしまう日々が続いています・・・

こんな不規則な生活を送っているので当然体重もグングン増えてしまい、気が付くと風邪をひく前の体重に逆戻りしてしまいました(;´Д`A ```

現在のオレの体重はナント97キロ・・・体脂肪率26パーセント・・・入社した頃(9年前)は76キロだったのに・・・(;´Д`)×

と過去の事を言っても仕方ないので、短時間で簡単に出来て飽きの来ないダイエット法方を探していました!

そんな中、ある雑誌のダイエット特集で、”任天堂Wiiはダイエットに効果的”と言う記事を見つけました。

その記事によると、20代男性がWiiスポーツボクシングをプレイしたところ、僅か30分間で266キロカロリーも消費したそうです!

266キロカロリーと言えば、90分間のウォーキングに相当します!!

コイツはイイ!コレなら短時間で簡単に出来そー!(*゜▽゜)ノ

WiiもWiiスポーツも買った事だし、これから毎日30分間Wiiスポーツでガンバってみよっと!(*´∇`*)

トランクリッド交換 【S14シルビア前期】


以前からトランクリッドGTウィング取り付け跡が気になっていました・・・

取り合えずガムテで穴を塞いでいたのですが、何だかビンボー臭くてイヤでした(;´Д`)

板金屋さんでウィングの穴埋めの見積りを取ったのですが、穴埋め12ヶ所&再塗装で6万円!との事でした・・・

トランクリッドだけで6万円も払うのはもったいなかったので、今回はヤフオクでトランクリッドを探すことにしました(*゜▽゜)ノ

S14シルビア前期でブラックのトランクリッドを探し初めて3週間・・・やっと秋田県から出品されているヤツを見つけました!

しかも、お値段たったの1,000円!!
ソッコー落札しましたが、その後送料が2,700円も掛かるコトに気付きました(^▽^;)

それでも3,700円!板金塗装の6万円よりだいぶ安くすみました!

商品到着後に早速取り付けてみました!

キズも少ないし、控えめなウィングが大人のシルビアってカンジでカッコイイです(*´∇`*)

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

車高調 CUSCO ZERO-2E 【S14シルビア前期】

買った時から付いていたタナベのショックがヌケかけていたので、思い切って車高調を買っちゃいました(^^)

今回買った車高調クスコZERO-2Eです!

バネレートは標準のフロント8K・リア6Kで、リアのアッパーマウントも標準のゴム固定式です。
今回、車高調を選ぶにあたってポイントになったのは、乗り心地の良さ、シッカリ感(サスペンション剛性)、価格です。

ホントは峠やサーキットでのシッカリ感や限界性能だけを優先したかったのですが、あまりガチガチの車高調を組むとヨメに怒られてしまいます・・・

優れた乗り心地と限界性能の高さと言えば、真っ先にOHLINS(オーリンズ)の車高調が思いつくのですが、20万円以上する車高調は既婚者の少ないお小遣いで買うには少々お高いです・・・

そこで、いろんなサイトのパーツレビューを参考にさせてもらった結果、クスコの車高調は値段の割には乗り心地がよくて限界性能も高そうだったのでZERO-2Eにしました。

送られてきたZERO-2Eを、早速S14シルビアに組んでインプレッションしてみました!
最初は減衰力を1~2クリックに設定して街乗りをしてみます・・・

ボコボコした路面のギャップやチョットした段差も、しなやかにサスペンションが吸収してるカンジで、車高調特有のゴツゴツ感がほとんどありません!

車高調と言うより、純正ショック+ダウンサスみたいな乗り心地の良さです(*´∇`*)

この乗り心地ならヨメに、”そろそろ落ち着こうと思って足周りを純正に戻した”と言ってもバレそうにありません!( ̄ー☆

次は気になるスポーツ走行のインプレッションです!今回は減衰力を4クリックに設定して近所の峠を走ってみます!!

減衰力を2クリック硬くしただけなのですが、サスペンション剛性がイッキに上がって、別物のようなシッカリ感(ゴツゴツ感)です(^▽^;)

コーナリングに関しては、リアがシッカリ路面を捉えていて、コーナー入口~出口まで弱アンダーで初心者のオレでもコントロールしやすいです!

でも上級者の人はこのアンダーを嫌がるかも・・・

以上のインプレッションの結果から、ZERO-2Eは街乗り~峠(スポーツ走行)においては乗り心地の良さとスポーツ走行での安心感を高度に両立したイイ足だと思います(^^)

次回は早速サーキット(オートポリス)にS14を持ち込んで、ZERO-2Eの限界インプレッションをしてみたいと思います(^▽^)/


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

HKS関西 リフレッシュバー 【S14シルビア前期】



このリフレッシュバーはS14シルビアに購入時より組み込まれていたのですが、先日車高調のみを組んだ無補強のS14シルビアに乗る機会が有ったのでそれと比べてみたいと思います。

今回はよりボディ剛性の違いが実感できるように、路面のギャップが大きい埠頭(ドリフトの練習場所)でのインプレッションを実施します!
まずは無補強のイチヨンから・・・大きいギャップを超えても、ユサッ!ユサッ!ボディ全体がしなってサスからの入力を逃がしてるカンジで、乗り心地はイイです(^^)

ただ、リアの動きにムラがあるため、限界を超えてリアが流れ始めるポイントが毎回ビミョーに違います・・・

何よりシンドかったのが、ボディのしなりの分まで計算してカウンターを戻さないと予想外のオツリを喰らってしまいまう事です( ̄Д ̄;;


次に、リフレッシュバーを組んだオレのイチヨンです・・・路面のギャップをドンッ!ドンッ!ボディ全体でサスからの入力を受け止めているカンジで、ボディ全体が1つのカタマリなったかのようです!でも乗り心地は劣悪(TдT)

リアの動きは素直そのもの!踏ん張って踏ん張ってズザーッ!と流れるのですが、ムダな動きが少ないのでオツリを出さずにピタッ!とカウンターステアが決まります!!
クルマの挙動自体は剛性が上がった分少々ピーキーになるのですが、リアの動きがつかみ易いのでアマリ恐くありません。

以前乗っていたS15シルビアに5点式ロールバーを組んでサーキットを走っていたのですが、リフレッシュバーを組んだS14シルビアは、それに近い剛性感です!!

HKS関西のリフレッシュバーは、古いシルビアが最新のS15と同等のボディ剛性手に入れる事が出来る魔法のパーツ?なのかもしれません。


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

ヘビーウェイトシフトノブ 【S14シルビア前期】


オレの愛車のシルビアS14前期クンは今年で13歳・・・

サスガにアチコチガタが来ちゃってます・・・ι(´Д`υ)

なかでも運転してて特に気になるのがシフトチェンジ!

エンジンかけた直後はとにかくギアが入りにくいっ!(;´Д`)

そこで・・・シフトノブを重たいヤツに交換しちゃいました!

それも、真鍮削りだしで780g(純正シフトノブが200g弱)もある超ヘビーはモノに交換しちゃいま
した!!


早速取り付け試乗~ε=ε=(;゜∇゜)ノ

う~ん・・・エンジンかけた直後でもスコスコギアが入るぅ~(*´ェ`*)

しかも黄金のシフトノブはスゲーインパクトあるぜ!(☆∀☆)

一時はミッションのオーバーホールも考えてたケド、こんだけスコスコシフトが入ればゼンゼン問題無いっス!(*´∇`*)

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

HKS GT-RSタービン全開インプレッション! 【S14シルビア前期】

取り付けたばかりのHKS GT-RSタービンのナラシがまだ終わっていないので、今回はブースト1K(約350ps)に抑えてインプレッションしてみました(^▽^)/

エンジンの仕様は、HKSパワーフロー、東名TYPR-Rカム、HKS GT-RSタービン、HKSメタルガスケット、HKS FコンV-PRO(現車合わせ)、エアフロレス(Dジェトロ)、ブリッツ DualSBC 、Greddyトラスト大容量インタークーラー&ラジエーター、HKSステンエキマニ&フロントパイプ、柿本改Regu96Rマフラーと言ったトコロです。

ギアを1速に入れ回転数を5,000rpmまで上げてクラッチをイッキに繋ぐと、ギュワワ~!と激しくホイルスピンしながらS14シルビア軽いボディが直ドリ状態で猛加速します!!

2速・・3速・・4速・・ボールベアリングターボ特有の鋭いブーストの立ち上がりで、あっと言う間に満タコになってしまいます・・・この時点でスピードメーターは軽く1?0km/hを振り切ってます・・・(^▽^;)

やはり予想通りのスゲー加速です!!(@Д@;

加速もスゴかったのですが、今回もう1つ驚いたのはGT-RSタービンのレスポンスです!GT-RSタービンはSR20DETには少し大きめなタービンであるにも関わらず、ノーマルタービンのレスポンスとほとんど変わらなかった点です(◎-◎;)!!

以上のインプレッションから、GT-RSタービンは、ノーマルと同等の扱いやすさと高回転のビックパワーを両立した素晴らしいタービンと言う事が分かりました(^^)

ちなみにショップの人の話では、クルマの仕様からブーストをもっと掛ければ410ps以上はパワーを絞り出せると言っていました・・・
ただ・・・良い点ばかりではなく、今回のインプレッションいくつかの問題点も見えて来ました・・・

問題点1・・・タナベの峠用ショックがビミョーなフィーリング(ヌケかけてる?)で足がバタバタする!
問題点2・・・まだアライメントのセッティングが終わっていないので、直進安定性やブレーキング時の安定性が悪い!
問題点3・・・ミッションのシンクロが痛んでいるせいかシフトが入りづらい!
問題点4・・・ハロゲンバルブなのでヘッドライトが暗い(_TдT)
問題点5・・・触媒ストレートなので音がデカ過ぎ&地球環境にキビシイ!
問題点6・・・バケットシートが入っていないので横Gでドラポジが乱れる!
問題点7・・・走りにはゼンゼン関係ない部分なのですが、トランクリッドに空いたGTウィング取付け痕(ガムテで塞いでる)がカッコ悪い!
ヤッパこういったチューンドカーは色々と気になる点が有りますが、1つずつ解決して行きたいと思います(^^)

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

S14シルビア前期(GT-RSタービン仕様)

2009年1月まで乗っていたS14シルビア前期(GT-RSタービン仕様)です(o^∇^o)ノ

今まで平成11年式のS2000に乗っていたのですが、某オークションに出品されていたコイツに一目惚れしてしまいました(*´ェ`*)ポッ

でもなぜS2000から平成6年式の旧車?に乗り換えたのかって!?

その理由はコイツのチューニング内容にあります!!

このS14は、タービン交換(HKS GT-RSタービン)+ヘッドチューンで410馬力もパワーが有るんです!(*´∇`*)


軽量なS14シルビア(1250Kg)にハイパワーエンジン(410ps)・・・

このシルビアのパワーウェイトレシオを計算すると・・・3.05Kg/ps!!

ポルシェ911カレラSが4.11Kg/ps・・・
フェラーリ360モデナが3.58Kg/ps・・・
ランサーエボリューションⅨMRが5.07Kg/ps・・・


ナント!パワーウェイトレシオだけなら、世界のスーパースポーツをも上回ってます!!

でも、こんなアホみたいな馬力をシルビアなんかでコントロール出来るのでしょーか!?(^▽^;)

まぁ、コレだけパワーがあると、サーキット以外じゃ全開に出来そうにないっす・・・

このシルビアのチューンド内容は・・・

エンジン
HKSパワーフロー、東名TYPR-Rカム、HKS GT-RSタービン、HKSメタルガスケット、HKS FコンV-PRO(現車合わせ)、エアフロレス(Dジェトロ)、ブリッツ DualSBC 、Greddyトラスト大容量インタークーラー&ラジエーター、ARC大容量オイルパン 、エクセディカーボン強化クラッチ、HKSステンエキマニ&フロントパイプ、柿本改Regu96Rマフラー
足周り
ワークエモーションCR改17インチホイール 、tanabe車高調、Largusスタビライザー、クスコピロボールテンションロッド 、クスコ強化タイロッド、ロータス用ブレンボキャリパー&ローター&アクレサーキット用ブレーキパッド 、クスコ機械式デフ(RS)


ボディ
フロント・リアストラットタワーバー、HKS関西リフレッシュバー(ロールバー)、サイドタワーバー筋金くん、HKS関西フロント・リアロアブレスバー、デフマウントリジットカラー、強化エンジン・ミッションマウント

これらのパーツを平成6年式S14の低走行(走行40,000km)の無事故車(中古車屋で査定)に組み込んでいます!!

前オーナーは400万円以上掛けてチューンしたにも関わらず、僅か12,000kmしか乗っていないそうです・・・

※補足

2008年の10月と11月でオールペン(全面塗装)を含めた大幅なリニューアルを実施し、新車のような状態へと生まれ変わりました!!

現在までのモデファイ費用(補修費用含む)は、軽く100万円を越えています・・・(;´Д`)

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

以前の愛車 その9 ホンダS2000 (AP1)

 中古車屋さんでたまたま出会ってしまったマシンは、1999年に登場したNAハイスペックマシンのS2000(平成11年式)です!!

S2000は以前から乗ってみたかったスポーツカーだったのですが、2000ccの割には非常に高価で、実用性に乏しい2シーターと言う事も有りなかなか買うことは出来ませんでした・・・

しかし・・・そのS2000の値段を見てビックリ!カナリ安かったのです!!


そのS2000は平成11年式の初期型で、走行距離も70,000km近く、外見もキズ凹みが多数有り、無事故車ながら程度はあまり良くないクルマでした・・・

しかし、試乗してみると下がりかけていたテンションがイッキに高くなって来ました!!

経年劣化でボディはユルくなっていたのですが、コレくらいボディがユルユルだった方が車の動きがつかみ易く、ロードスターのような肩のこらないハンドリングになっていました(*´∇`*)

しかし、ヤハリ腐ってもS2000!アクセルを踏み込むと、その本性をムキ出しにします!!

5000rpmくらいから”シュゴーーー!!”と言う吸気音と共に、9000rpmのレブリミットまでイッキに回転数がハネ上がります!!

こんなのクルマじゃねぇ!これはバイクのエンジンだ!!

以前の愛車 その8 S13シルビアJ's (NAメカチューン)

 サーキットは最高に楽しいAE111も通勤や街乗りではツラく、かと言ってR32を通勤に使えば莫大なガソリン代(月3万円以上)が・・・

その日も何となく足車を探して某オークションをチェックしていました。

コレハ!?平成4年式のNAメカチューンのS13で、エンジンは有名ショップのオー○ック○カダでチューンされたらしい!しかもエアコン付き!!

チューン内容は・・・HKSハイカム&ハイコンプピストン、メタルヘッドガスケット、HKSパワーフロー、ステンレスエキマニ+フロントパイプ、ストレート触媒、APEX N1マフラー、nismoLSD(1way)、nismo強化ロッド&スタビライザ、社外強化クラッチ、油温・油圧・水温計等々・・・

この内容で値段は・・・8万円!!

以前の愛車 その7 AE111レビン (元サーキット専用車)

原油価格の上昇によるガソリンの値上がりはその後も続き、通勤&サーキット走行でBNR32を維持するのは非常に困難な状況になっていました・・・

自分の収入ではこのような使い方のBNR32は維持出来ない、でもせっかく手に入れたGT-Rを手放したくは無い・・・

日々そんな葛藤を繰り返していたのですが、友人からのサーキット走行用に1台安いの買えば?の言葉に一気に考え方を変えさせられました!

そして、早速某オークションでゲットしたのがこのAE111レーシングレビンです。

以前の愛車 その6 R32スカイラインGT-R (BNR32)



新しいクルマの購入資金も貯まったのですが、次に何を買うのか結構悩みました。

正直なところ、もう一度S15シルビアに乗りたかったのですが、当時は排ガス規制による国産スポーツカーの生産終了の噂が流れ始め、当然S15もそのリストに入っていました(;´Д`)×

そのような混乱の為か中古相場も一気に高騰し、私が以前購入した時より40万円以上高くなっていました・・・

サスガに200万円以上のS15の中古車は買う気にはなれなかったので、今回はあきらめて別のクルマ探す事にしました。

以前から一度はスカイラインGT-Rに乗ってみたい!と思っていた事もあり、早速知り合いの中古車屋さんに平成5~6年あたりの程度の良くノーマルに近いクルマを探してもらう事になりました。

しかし、スポーツカーの宿命なのか意味不明の改造をされているクルマや、乗り方が荒くてボロボロになっているクルマが多く、なかなか程度の良い車が見つかりませんでした・・・

2ヶ月ほど経って中古車屋から連絡があり、大分県の中津市でかなりの高齢の方が大事に乗っていた、平成5年式のほぼフルノーマル車両が見つかったと言われました!

以前の愛車 その5 ボロっちいアルト


S15シルビアを廃車にしてしまったT社長からの支払はわずか2ヶ月で滞り、当然のように彼の携帯に連絡も着かなくなってしまいました・・・

しかし、T社長の会社は存続中であり、お互いに”誓約書”も交わしていましたのでT社長の自宅に行こうかと思ったのですが、誠意の無い人にこれ以上言っても時間の無駄だと思い、S15のローンと5年間気長に付き合っていく事にしました(=_=)

以前の愛車 その4 S15シルビア スペックR


エボⅦを売却しクルマを操ると言う原点に戻る為に選んだ車は、FRレイアウトS15シルビアSpec-Rですヽ( ゜ 3゜)ノ

この車を購入するきっかけとなったのが、当時一緒にオートポリスを走っていた別府市の健康食品通販会社のT社長もS15に乗っていたからです。

私も何度かT社長の車を借りてPSS2時間耐久チャレンジで走らせてもらっていたので、オートポリスを走るんだったら慣れているクルマを購入した方が良いと言う判断でした。

車は平成11年式、走行距離6万キロのノーマルモデルでした、最初からS15はノーマルで乗るつもりが無かったので、ベース車としてこの車両を170万円で購入しました_(_^_)_

カスタマイズする前にノーマルの状態でいつもの峠を走ってみたのですが、同じFRでもR33と比べて車重が軽い為か細かな路面の凹凸に敏感に反応し、少々ピーキーな印象を受けました!

S15で峠を走って思いました、やはりエボⅦの時にスゴイ走りが出来ていたのはクルマのおかげだったと・・・
峠での印象を踏まえて17インチタイヤ(RE540S)、ホイール(SSR Type-C)・Kオフィス車高調(中古)・プロジェクトμブレーキパッド&フルード(DOT4)・HKSマフラー&フロントパイプ・アナログ水温、油温計・EVCⅢ・CUSCOフロント、リアタワーバー・5点式ロールバー・アルミ2層ラジエーター・HKSオイルクーラー・SPARCOフルバケ・4点式シートベルト等でサーキット走行用のカスタマイズを行いました。

以前の愛車 その3 ランサーエボリューションⅦ GSR



友達とヒマつぶしでフラリと立寄った三菱ディーラーで、そのクルマと出会いました。

その車は当時WRCやN1耐久で大活躍していた、ランサーエボリューションⅦです!

最初このクルマを見たときは、正直カッコイイとは思えませんでした・・・

しかし、モータースポーツやベストモータリングで大活躍しているエボⅦを見ているうちに、不思議とだんだんカッコ良く見えて来ました(^ー^)ノ

そんな気持が揺れ動いている時期に、すかさずディーラーマンが30万円と言う信じられないような値引き金額を出して来ました!

思わず頭金130万円しか無い状態で、350万円のクルマを即決してしまいました・・・

以前の愛車 その2 スカイラインR33 タイプM 後編


それから約1年後、その年に就職したと言う事もあってバイトで稼いだ分と合わせると、だいぶ資金も貯まって来ました。

目指すサーキットは、日本でも最大級の大きさを誇る大分県のオートポリスです!!

そこで早速サーキットデビューに必要な物を調べ始めました(◎-◎)

調べた結果、必要な物はサーキットライセンス・ヘルメット・レーシングスーツ・グローブ・4点ハーネスと言う事が判りました!

早速安い物ばかりで全て揃え、後はサーキットライセンスを取得するだけになりました(^^)

後日、ライセンス取得の為にオートポリスを訪れたのですが
、初めて間近に見たサーキットの印象はとにかくデカイでした! (*゜ロ゜)ノ

全てが公道とは比べ物にならないスケールで、見ただけで正直ビビってしまいました・・・

簡単な講習を受け、ペースカー先導のもとコースを数周走り、遂にライセンスを手に入れる事が出来ました!

早速その日の内にスポーツ走行の準備を済ませ、マイカーでサーキットを走る事にしました。

コースを走ってみて思ったのが、峠のテクニックが全くと言って良いほど通用しませんでした!ストレートでは余りの怖さに全開に出来ず、コーナーではブレーキングのミスから度々コースアウトしてしまいました!!

その日は練習も兼ねて2時間程走りました!走っていると次第にコツがつかめて来て、次第にマトモに走れるようになって来ました(= ̄▽ ̄=)V

そして・・・調子に乗って走っていたその日ラストのスポーツ走行で、マイカーがまさかのエンジンブロー!!

マフラーから物凄い白煙を吹いて、直後に室内にも煙が充満して来ました!!パニック状態で車をグラベルに停止させ、命からがらクルマから脱出しました(>_<。)HelpMe!!

幸いクルマは炎上する事なく、白煙は吐くものの少しは動かす事も出来ました・・・

何とかショップまで運び状態を診てもらったのですが、やはりエンジンが壊れていて載せ替えが必要と言われました(_TдT)

交換用のリビルトエンジンはディーラーの御好意も有り、意外と安く提供してもらえました、今回は載せ替えと併せてエンジン保護の為、ガスケット交換(圧縮比ダウン)、クーリングの為に純正ラジエータを加工し容量を増やし、オイルクーラーも装着しました(/・ω・)/

そして定番のコンピュータチューンを施し、約340馬力のエンジンが完成しました!!

以後この仕様で約3年間、半年に1回のペースでサーキットを走っていましたヾ(=^▽^=)ノ

3年間で最終的なベストタイムは2分19秒で、走り始めた当初と比べると30秒以上タイムアップしました(^^)

そして入社4年目のある日、あの車と出会ってしまうのです・・・


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

以前の愛車 その2 スカイラインR33 タイプM 前編


サーキットへの思いは日毎に増し、クルマの好みも軽快にコーナーを曲がる車から、よりトップスピードの速いクルマを好むようになって来ました。

やはりル・マンの舞台であるサルテサーキットの長いストレートを物凄いスピードで駆け抜けて行くレーシングマシンの迫力に憧れたのかもしれません(+_+)

結局シビックを売って当時ル・マンでのR390の活躍で憧れのメーカーだった日産R33スカイラインTypeMを中古で購入してしまいました。

クルマの年式は新しかったのですが、寒冷地仕様&前のオーナーの使い方が荒かったみたいで至る所に塗装のハゲや錆が有りました。

しかし、クルマの程度は悪くても自分としては初のターボ&FRと言う事で走りは豪快そのものでした!

250馬力のエンジンとFRの挙動にもようやく慣れ始めた頃、やはりワルイ虫が騒ぎ始めてしまいました・・・

その日の夜は無性に走りたくなってしまい、ついついシビックで走っていた峠に走りに行ってしまいました・・・

タイトコーナーが連続する峠で、シビックと同じ感覚でアクセルを踏んだ瞬間!250馬力ターボの強烈なトルクで一気にリアがパワースライドを起こし、当然のように未熟なテクニックのオレは制御不能に陥ってしまい、成す術もなくフロントから壁に激突してしまいました(____△____)

幸いクルマは自走可能だったのですが、フロントのフレームの一部と足周りをヤッてしまいました(=xェx=)

クルマを購入した直後なので当然修理代が有るハズもなく、バイトの給料で修理が出来るまで4ヶ月程そのまま放置する事になってしまいました・・・

ようやく修理をする事が出来、その嬉しさから早速ローンで車高調と17インチホイール&タイヤ(ポテンザRE711)を購入し、マフラー・フロントパイプ・ストレート触媒を取り付けてしまいました!

しかし、これらのチューンにお金を使いすぎてサーキットへの道は更に遠ざかるのでした・・・


人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

以前の愛車 その1 シビックEF2


実はこのシビックを購入した当時はクルマの事を”足”としか考えていませんでした・・・

当然走る事にもキョーミがなかったので、VTECじゃないモデルを8万円で購入しました!

しかしこのクルマ・・・SOHCエンジンでVTECでは無いのですが、高回転まで気持ちよく回るエンジンと、わずか880kgと言う非常に軽いボディと相まって街乗りでも非常に軽快な走りをしてくれました。

そんなクルマに乗っていると次第に走る事がオモシロク感じてくるもので、さらに走りまくれるステージを探して地元の峠を走るようになりました・・・

しかも、峠ではVTECの高回転時のパワーよりSOHCエンジンの低中速域のトルクのほうが有利にはたらき、VTECエンジンを搭載したEG6と互角の加速をする事が出来ました!

おまけにリアブレーキがディスクでは無くドラムブレーキだった為サイドブレーキがモノスゴク利きました、タイトコーナーでもサイドをチョンチョンと引く事でスピードをあまり落とさずに、猛烈な多角形コーナリングをする事が出来ました。

しかし、峠でそんなアホナ走り方ばかりしていると当然のように車の限界を超えるワケで、全損事故(幸にも全て単独事故)を2回ほど起こしてしまいました・・・

そして・・・いつものようにJ○Fのお兄さんにお世話になっている時に、お兄さんから峠は危険だからと言う理由でサーキット走行を勧められました。

その時は正直何とも思っていなかったのですが、何気なくテレビで観た97年のル・マン24時間耐久レースがオレの考えを変えてしましました・・・

97年のル・マンはポルシェ・マクラーレン・日産等の大メーカー達がこぞって、表彰状の頂点を狙っていた熱い時期でした(*´ェ`*)

ゴール直前でマシントラブルにより停止したポルシェGT1、同じくマシントラブルに泣いた日産R390GT1、完走したものの大苦戦を強いられたマクラーレンF1GTR、レースが終わった後で周囲の目も気にせず号泣して抱き合う男達・・・

オレはこの時、男泣きをする彼らの熱い姿にかなりの衝撃を受けました!!

そんな彼らに影響されてか、いつしかサーキットを走りたい!思うようになって行ったのです・・・

 

人気ブログランキングへ
↑↑↑
当ブログはランキングに参加しております。
皆様のクリックが励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

2007/03/30

臼杵なのに津久見島??

仕事で臼杵市に行っていたのですが、帰りに道に迷ってしまいました・・・

山の中をグルグルとさ迷っていたら、こんなキレイな景色を見つけました(^^)

このぽっかり浮かぶ女性のバストのようなカタチの島は津久見島と言うらしく、臼杵城から島と月を望む景観が素晴らしいため、月見島からもじって津久見島と名づけられたそうです。

こんな場所が大分県にあるなんて知りませんでした(^▽^;)

空も海もキレイなここの景色って・・・何だか沖縄に居るみたいです!?(*´∇`*)

春ですな~(*´∇`*)

仕事で街中を歩いていたら、凄くキレイな花を見つけました(^^)

最初桜かな??と思ったのですが、近くにあった説明書きを見ると、どうやらこの木は桜ではなく豊後梅と言う種類らしいです。

しかも、豊後梅大分県を代表する県花らしいです!

・・・大分県民なのにゼンゼン知らなかった・・・(´Д⊂ モウダメポ

にしても、豊後梅って梅なのに桜の花そっくりで凄くキレイです!

なんだか一足先に桜の花見をしてるみたいで、ちょっぴり嬉しいかも(*´ェ`*)